甲斐谷陸など激論!【西部ワイルドガンマンズ編】「アイシールド21」

趣味

こんにちは。京極ありさです。連日ともに大好きな漫画「アイシールド21」について語っていますが、先日から主人公セナにとってのライバルチームの解説記事を絶賛執筆中です。
今回紹介するのは「西部ワイルドガンマンズ」です。このチームは強い攻撃力と個性のあるメンバーが魅力的なんですよね!ではさっそく紹介していきます。
※漫画「アイシールド21」について及び泥門や他のチームの説明については過去記事をご参照ください。

その前に…西部ワイルドガンマンズって?

所属高校:西部高校
特色:圧倒的な攻撃重視チームで、守備重視の王城とは正反対なチームです。のちに紹介するキッド×鉄馬のパスルートをメインに点を取りつつ、新加入した甲斐谷陸のランという選択もできるようになった。
逆に守備がザル過ぎて、弱小チームにも数点は取られてしまうが、圧倒的な点差をつけて勝ち抜いていくスタイルをとる。また、ボールキャッチ側の鉄馬が戦線を離脱するとかなり攻撃力が落ちてしまうため、キッド×鉄馬ルートの過剰な依存が意外と弱点になっていたりします。
ちなみに、監督がいますが個性だけが強すぎて、ほとんど監督としての機能を果たしていないことでも有名です(笑)

セナの師匠 甲斐谷陸との激しいぶつかりあいが魅力的!

甲斐谷陸(かいたに りく)
ポジション:ランニングバック
 
甲斐谷陸は小学校時代にセナの小学校に一時期転校してきた、という過去を持ちます。当時からいじめられていたセナを見かねた結果、「脚を速くしていじめっ子を見返す」という作戦を立て、当時から研究していた走力特化法をセナに授けます。(※結果としてセナは素早いパシリになり、そんな生活が10年ほど続きます…。)
 
研究熱心で、テクニック重視のランニングバック。自分の走り方にラグビーのステップテクニックを組み込んだ「ロデオ・ドライブ」を泥門戦では披露し、さらに関東大会では進化形の「ローピング・ロデオ・ドライブ」を決めてみせました。
兄貴分としてセナにふるまっていたものの、最近自分が注目していた選手の正体がセナと知り、少なからずショックを受けます。しかし、試合までには立て直しアメフト選手というプライドを持ってセナとぶつかります。ひ弱で戦いを好まない性分のセナが、試合での対決についていかに臨むべきか考えるきっかけとなった大事な一戦です。
銀髪のイケメンで多少キザな甲斐谷陸ですが、一周回って可愛くみえてしまう不思議な魅力の持ち主でもあります。白秋戦ではキッドも鉄馬も退場した中、最後まで試合放棄せず、ボロボロになって戦う姿を見せ、甲斐谷陸の芯の強さが痛々しいほどのメッセージ性を放っています。
進学先はセナと同じ大学なので、この関東勢二強のランニングバックを有するチームがどこまで勝ち進むのか妄想が膨らみます(笑)

キッド×鉄馬の安定すぎるコンビプレー

キッド(本名 武者小路紫苑 むしゃのこうじしえん)
ポジション:クォーターバック
鉄馬丈(てつまじょう)
ポジション:ワイドレシーバー
ライフル射撃の金メダリストを父親にもつ、武者小路財閥の御曹司だったキッド(武者小路紫苑)と、武者小路家お抱えの運転手の息子:鉄馬丈の幼馴染コンビです。射撃訓練の英才教育を受けていたキッド(武者小路紫苑)は合間に鉄馬丈とこっそりアメフトボールで遊んでいた過去を持ちます。
父親が望む結果を射撃では取れず、超絶な実力主義者である父親を筆頭に誰にも認めてもらえなかったキッド(武者小路紫苑)は戸籍を捨て、鉄馬丈とともにアメフトプレーヤーを目指すようになります。キッド(武者小路紫苑)もそうですが、この漫画では実力主義者に翻弄される人間が何人か取り上げられており、改めて過程を重んじることの重要性を身に染みて感じます。
キッド(武者小路紫苑)は射撃選手時代に培った頭の回転と反応速度にものを言わせた「神速の早撃ち」とも称される0.2秒の高速かつ正確なパスモーションが武器で、鉄馬丈は当たり負けしない強靭な肉体とパワーに加え、正確に指示されたパスルートを確保する力が武器です。
幼馴染ならではの息の合ったコンビネーションは見ていて清々しいものがあります。
普段夢や希望をあえて口にしないキッド(武者小路紫苑)ですが、関東大会準決勝の白秋戦の途中、一瞬だけ全国大会決勝進出を頭によぎらせてしまった結果、峨王に潰されてしまいます。関東最強クラスのクォーターバック:キッド(武者小路紫苑)の負傷退場は当時かなりショックでした。
キッド(武者小路紫苑)を負傷させた峨王への怒りから初めて自らの意志に任せてプレーをしたものの、鉄馬丈も負傷退場となってしまいます。この二人の強すぎる絆が手に取るように分かるシーンですが、その描写がとても辛くて、読者側の私も作中のキャラ同様に相当気落ちしました。
世界戦では二人とも活躍を見せ、卒業後は二人で起業したあたり、作中屈指の名コンビだなあと思います。
 

おわりに

今回は西部ワイルドガンマンズについて紹介しましたがいかがでしたか。泥門にとっては西部だけが秋大会で負けっぱなしのチームになるので、一読者の私にとっても印象深いチームでした。
次はどこのチームを紹介するのか!?楽しみにしていてくださいね!

執筆・編集・監修
わいるどセミ

「ちょっとイイことメディア」では

●わいるどセミ執筆・編集・監修の記事
●ある事柄について識者に記事執筆してもらったものをわいるどセミが編集・監修した記事

を掲載させていただいております。

わいるどセミをフォローする
趣味
わいるどセミをフォローする
ちょっとイイことメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました