桜庭春人など激論!【王城ホワイトナイツ編その1】「アイシールド21」

趣味

こんにちは、京極ありさです。大好きな漫画「アイシールド21」のステキなキャラを紹介していると止まらなくなってしまいました。前回の泥門デビルバッツ編に続いて、次は敵チームの良さを紹介していきます。
今回紹介するのは「王城ホワイトナイツ」。主人公セナが所属する泥門デビルバッツとは一番繋がりも深い良きライバルチームです。ではさっそく見ていきましょう!

その前に、王城ホワイトナイツってどんなチーム?

所属高校:王城(おうじょう)大学附属高校
特徴:「守備の王城」といわれるほど、鉄壁な守備力で名を馳せる強豪校で、東京地区ではほぼ敵なしです。が、関東大会になると神奈川地区1位の神龍寺の前にいつも負かされてしまうため「無冠の王」と言われています。
神龍寺を接戦まで追い込んだ世代が「黄金世代」と呼ばれていましたが、そこが抜けた直後は戦力の弱体化が囁かれ、春大会では「凋落の王家」と揶揄されてしまいます。
しかし、もともとの選手たちの実力と草の根チーム泥門との交流で受けた刺激があり、秋大会には守備力だけでなく攻撃力も兼ね備えたチームへと変貌を遂げ、「過去最強の王城」と言われるまでになります。
泥門高校と違ってかなり支援体制が厚いチームでもあり、高校の学園祭や試合前のエネルギー補充に「豊かさ」が感じられるシーンがあります。
泥門のメンバーとの関わりも多く、春大会・秋大会の両方ともで試合をしているので、登場人物たちにとっても読者にとっても自然と思い入れが強くなるライバルチームともいえるでしょう。
チームのモットーは「1点しか取れなくても、0点に抑えれば必ず勝つ」と、泥門とは真逆の信念を掲げています。

王城の超高層タッグ 高見×桜庭が激アツ!

守備力が高すぎるために攻撃力の評価がいまいちだった王城ですが、その中でも後に攻撃の要になっていくのが高見と桜庭のタッグです。
高見伊知郎(たかみ いちろう)のポジションはクォーターバックで、桜庭春人(さくらば はると)はワイドレシーバー。先輩後輩コンビです。
高見は他のポジションに鞍替えすることなく。クォーターバック一筋で頑張っています。幼少期のケガのせいで脚が致命的に遅く、メンバー層が厚い王城ではなかなかレギュラーとして認められませんでした。
その分、もともとの冷静さと地頭の良さを生かした綿密な戦術展開力と背の高さを前面に押し出しつつ、脚の遅さの改善に努めたところ高校現役最後の年にやっとクォーターバックのレギュラーの座を勝ち取った苦労人です。
桜庭春人は高見のひとつ下の学年になります。桜庭春人の学年には天才的な素質を持つエースの進 清十郎(しん せいじゅうろう)がいて、全ての注目が彼に集まっていました。なかなか実力について注目が集まらず、背が高いだけ」と自らを卑下しているところに、ルックスの良さを買われ芸能プロダクション所属の高校生アメフトプレーヤーとなります。
確かに人気者にはなるのですが、自分が望んでいた姿ではないことに悩みながら過ごすことになります。セナやモン太といった泥門メンバーたちが素人スタートでも自分の素質を磨きどんどん成長する姿に最終的には触発されて改心をします。
桜庭春人が夏の富士山合宿の時に自暴自棄になってしまった場面で、普段温厚な高見が桜庭春人を殴るシーンがあります。脚の速さが他チームのクォーターバックに劣る高見は、自分の高身長を生かせる相棒として桜庭春人の入部に喜び期待し、ずっとその成長を見守っていたのです。
中学の頃からレギュラーに入れないわ、他チームのクォーターバックは優秀だわで、人知れずずっと周りや自分と戦ってきた高見だからこそ、桜庭春人の辛さも甘さも理解できたのでしょう。先輩の愛と期待に気づき、ブレまくっていた桜庭春人が自分のやるべき道を見つけた瞬間はライバルチームとはいえ感動せずにはいられません。
進のような天才と同学年だったために比較され続けた桜庭春人ですが、最終的には「進を抜けない」と諦めるのではなく、常に進を追い抜けるようなプレーヤーを目指して泥臭く努力できる人間へ成長します。うつろな目をして芸能活動と二足のわらじを履いていた迷走時代と比べると大幅に成長したと言えるでしょう。
桜庭春人は似たような境遇の神龍寺の双子プレーヤー:金剛雲水・阿含(こんごう うんすい・あごん)と後半で対比される描写があります。桜庭春人のなりふり構わず努力し表舞台に立ち続けようとする熱意が「明」として描かれたのが感慨深いです。
 
一方高見も、桜庭春人の目覚ましい活躍や同じポジションでライバルのヒル魔に触発され、強気の攻撃や超高層なパスを積極的に行うようになったり、どんな手を使ってでも表舞台で活躍する!というハングリー精神を出したりするようになります。
桜庭春人ほど明確に変化に焦点を当ててはいないのですが、読者にとっては高見の変化にも胸が熱くなります。
最終的な進路が、「自身のケガの経験もあって、医大に進学しながらもアメフトを大学でも続ける」というものだったことが、なんだか真面目な高見らしいなあとも思いました。
試合では、秋大会の泥門戦で桜庭春人とモン太のデッドヒートが繰り広げられ、両プレーヤーの長所が激しくぶつかり合います。
また、アメリカ戦で高見×桜庭春人のパスが通ったシーンは、アメリカにも止められない見事なプレーで本当にすがすがしかったです。

おわりに

今回は王城ホワイトナイツを紹介しました。このチームのメンバーにはまだ紹介したい人がいるので、次の記事でしっかり語りますね!

執筆・編集・監修
わいるどセミ

「ちょっとイイことメディア」では

●わいるどセミ執筆・編集・監修の記事
●ある事柄について識者に記事執筆してもらったものをわいるどセミが編集・監修した記事

を掲載させていただいております。

わいるどセミをフォローする
趣味
わいるどセミをフォローする
ちょっとイイことメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました